オフィス賃貸を大阪府などで利用する利点について

会社を作った時には仕事場となるスペースが必ず必要になります。特に従業員を雇用する会社などの場合は従業員の人数が収まる、仕事で利用する設備をオフィス内に設置が出来る場所を見つける必要があります。 大阪は東京に続くビジネス拠点でもあり、こうしたエリアにオフィスを構える事は取引先への信頼を得やすいなどの利点があります。一般的にオフィスは毎月家賃を払う形で利用するオフィス賃貸を選ぶケースが多いかと思われますが、賃貸のオフィスは最初に敷金などの保証金、仲介手数料や管理費、前家賃として一カ月分などの初期費用が必要になります。そのため、予算をしっかりと決めておく事や予算内で収まるオフィスを見つける事になります。物件の中には仲介手数料が無料などのケースもあるので物件探しをする時には家賃以外の費用にも注目しておきましょう。

賃貸物件を借りる時に掛かる費用について

大阪の中心地などにオフィスを構えておく事は取引先からの信用を得やすくしてくれますし、中心地などの場合は利便性が高い環境にある事からも、人材募集を行った際に応募者が集まりやすいなどの利点もあります。駅から徒歩約5分などの物件ともなると家賃は高めになりますが、家賃は開くまでも固定費であり、オフィス賃貸を借りる時に支払う初期費用がどのくらいまでなら払えるのかを試算しておくのがお勧めです。 オフィスを借りる時に掛かる費用は、物件の家賃数か月分の保証金、前家賃と家賃1か月分程度の仲介手数料、前家賃や管理費などになります。この初期費用の中でも保証金は家賃1年分などのケースも多くありますので、家賃が50万円で1年分の保証金が必要になった時には600万円の費用を用意しておく必要があるわけです。

賃貸のオフィスでも家賃を支払う事は信用にも繋がります

企業の中には自社ビルを所有しているケースもあります。これに対してオフィス賃貸物件を利用する企業は自社ビルを所有する企業よりも多くあると言われています。毎月50万円などの家賃を支払って仕事場となるオフィスを借りるわけですが、賃貸のオフィスを借りる利点は移転する時に売却をせずに済むなどがあります。 自社ビルなどの場合はビルの売却などが必要になるため、移転時の工数は多く掛かる事になります。これに対して賃貸のオフィスを借りる場合には、事業を縮小する目的で手狭な物件に引っ越しをする時、事業拡大を図る目的で広いオフィスに引っ越しをする時など原状回復を行えばすぐに移転が出来る、手続きなども完結に行えるなどの利点があります。また、家賃をしっかりと支払っている事で信用を得る事も可能になります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加